bbextractは広帯域にわたるSパラメータをSPICE等価回路に変換します

bbextract:広帯域SPICE等価回路抽出

bbextractはsonnetの解析結果を 広帯域に渡って精度を保つSPICE等価回路に変換します.

Sonnetの解析結果は通常、

で出力されます. bbextractを使うと、これらに加えて

を出力することができるようになります.

これによってSonnetの解析結果は、 殆どすべてのSPICE系回路シミュレータに渡すことができるようになります.

これまでの問題点とbbextract

限定された狭い周波数範囲でしか、Sonnetの解析結果と一致しない.
bbextractなら数デカードを超える広帯域でもSonnetの解析結果に一致するSPICE等価回路を抽出できます.
緩やかな周波数特性の問題にしか適用できない.
bbextractなら自己共振周波数を超える周波数領域や、フィルタなどの鋭い共振特性も取り扱うことができます.
広帯域な非線形回路解析にはSパラメータでのデータ受け渡しが必要
今まで通りSパラメータでの受け渡しもできます.
Sパラメータを読むことができるSPICEは高価で、しかもSパラメータでデータを渡すと解析時間が延びる.
SPICE等価回路でSPICEに渡せば、一般的なSPICEでも読み取れ、しかも解析時間は通常の回路と同じです.

SパラメータSPICE変換として

Sonnetの解析結果をSPICEに変換する以外に、Netlist Projectを作ってSパラメータファイルをsonnetに読み込ませれば、 既存のSパラメータファイルをSPICE等価回路に変換することもできます.

受動部品の例

TDK MLFシリーズのSパラメータを下記のnetlistで読み込み

S2P 1 0 MLF1608\MLF1608D47NM.s2p
DEF1P 1 Net R 50.00000

bbextractでspice等価回路に変換し、変換前のデータとグラフで比較すると完全に一致する.


小信号トランジスタの例

バイポーラトランジスタのSパラメータファイルを下記のnetlistで読み込み

S2P 1 0 bipola.s2p
DEF1P 1 Net R 50.00000

bbextractでspice等価回路に変換し、変換前のデータとグラフで比較すると完全に一致する.