平面三次元電磁界シミュレータのソネットはAWR社Microwave Officeの環境の中でとても快適に動作します. この機能は無料のSonnetLiteでもご利用いただけます.

トップ/ 製品/ 特徴/ MicrowaveOffice

Microwave OfficeとSonnet

Microwave Officeは優れた高周波設計統合環境です.通信システムシミュレータ,高周波回路シミュレータ,レイアウトツール、さらには電磁界解析エンジンも備えています. でも、電磁界解析エンジンの性能はソネットの方がよさそうです.Microwave Officeをお持ちの方は、今すぐに両方を試してみることができます.

どうやって試すのか?

必要なもの

インストール

Microwave OfficeとSonnetを同じPCにインストールしてください.そして Sonnet Task barのメニューで[Admin]-[MWOffice Interface]を開きます.


使い方

Microwave OfficeのEM Structuresで右クリックして[Set simulator]を選びます.


AWR EMSight Simulatorを Sonnet 3D Planar Electromagnetic Simulatorに切り替えます.


いつものように解析すれば、電磁界解析だけをSonnetが引き受けて実行します. いつもより解析が早く終わることに気づくでしょうが、 Simulation情報を注意深く読まないと、その原因がSonnetのせいだと気づかないでしょう.


SonnetはMicrowave Officeのモデルをどのように解釈しているのでしょう?図のように[Open in Native Editor]を選ぶと、 SonnetのXgeomを使ってモデルを編集できます.


この方法では、解析条件をSonnet向けに細かく設定し、解析し、解析結果をMicrowave Officeにスマートに戻すことができます. 特に大規模な問題では、計算時間を大幅に短縮できるでしょう.


気に入りましたか?

無料のSonnetLiteでさえ、Microwave OfficeのEMSightより早く解析が終わります.製品版のSonnetならEMSightでは事実上解析不可能な電磁界解析を実行できます. 回路の入出力の不要結合や、バイアス回路の不要結合を考慮した設計には製品版のSonnetが必要です.製品版のライセンスをお試しください.