ご希望に応じ都内に会議室を確保し少人数個別開催します.様々なシミュレータの分類と特徴や、実際の問題の設計や解析に必要なテクニックを紹介します.あらかじめ用意した例題だけでなく,お客様が今抱えている課題に関して議論しながらその場でモデルを作り結果について検討します. 受講者にはSonnet LitePlusの特別ライセンスを差し上げます.

トップ/ イベント/ 個別セミナー

目次

コースの概要

講習ではありません.少人数での議論です.

単なる講習を聞いていただく座学ではありません.具体的な課題についてお客様と ソネット技研 石飛で,話し合いながら モデルを作り 解析や問題解決の方向性を探ります.

他社の方に聞かれたくない課題について議論できるよう 単一の会社の方,1名または2名で参加していただきます.

場所は都内に弊社が準備する会議室で, 時間は3〜4時間程度,スケジュールはご希望に応じてフレキシブルに設定できます.

実際の問題をその場で解析

お客様に課題を提示していただき,

  • 問題の分析,
  • 要点をとらえたモデルの作成と解析
  • 解析結果の解釈

を,Sonnetで実際に行いながら見ていただきます. この中でシミュレーションそのものだけでなく, お客様の課題について 議論しながら技術的な理解を深めて頂きます.

よくある課題

例えば,下記のような課題をよくいただきます.

課題応用製品の例参考資料
線路の特性インピーダンス 高速回路の線路設計
不要放射,EMC,EMI
ヴィアホールの等価インダクタンス
ボンディングワイヤの等価インダクタンス
並行する配線の結合
プリント基板の端部に構成する逆Fアンテナ 機器組み込み小型アンテナ
アンテナの整合回路
プリント基板表面に構成するパッチアンテナ 機器組み込みアンテナ/UHF RFID リーダー
薄いフィルム上に構成するフォールテッドダイポールアンテナ UHF RFID タグ
薄いフィルム上に構成するインダクタの等価回路 HF RFID / 共鳴型ワイヤレス給電
インダクタ同士の結合
線形マイクロ波回路 フィルター,整合回路,カプラ

場所日時

都内に弊社が準備する会議室

日時は,通常平日の午後1時から3時間程度,ご希望により変更可能です.

費用,用意していただくもの

費用と御支払い方法

費用は お一人様5000円(税込み)です. 当日現金 でお支払いください.ご指定の宛名、但し書きで領収書を発行いたします. 振込やご指定の伝票でのお支払手続きはご容赦ください.

受講特典

実際に受講なさった方には 米国ソネットソフトウェア社から, 通常 $495 の Sonnet LitePlusの特別ライセンスをお送りします.

重要: たとえ受講費用をお支払になっても実際に受講なさらなかった場合は Sonnet LitePlusのライセンスを差し上げることができません. また弊社(有限会社ソネット技研)ではLitePlusの販売をしておりません. LitePlusだけをお求めの場合は、 米国ソネットソフトウェア社から直接でお買い求めください.

お持ちいただくもの

受講費用,名刺をお持ちください,
また実際の問題解決につながる具体的な議論のために

  • ご質問の構造を示す図面よりも,実際に確認できるサンプル
  • 測定データよりも,測定に使った治具や接続の様子が判る写真や動画
  • シミュレーション結果よりも,そのシミュレータのバージョンやオプション校正,ライセンスの状態

日程と申込方法

  1. この申込フォームの空き日程からご希望の日程を選んでお申込みください.
  2. もし この申込フォームにアクセス出来ない場合はメールでお申込みください.
  3. 数日中に日時を確定し,詳しい場所をご案内差し上げます.



メールからのお申込

メーラーの起動

ここをクリックしていつもお使いのメーラーを起動してください

メールの宛先

info@sonnetsoftware.co.jpへお送りください.

メールの表題

" SENGOKUBOOK" としてください.

メールの内容

下記のテンプレートをコピーペーストして修正してください. ご記入いただいた情報は、(有)ソネット技研の営業活動に今後利用させていただきます.それ以外の目的には利用いたしません.

ご希望日

スケジュールをご検討ください. この申込フォームには予約可能な日が表示されます.

メールテンプレートここから

Q1 お名前
Q2 会社名または学校名
Q3 メールアドレス
Q4 電話番号(スケジュールの調整のご連絡を差し上げます)
Q5 電話番号(当日の急な中止や時間変更など緊急連絡用です.それ以外の目的には使用しません)
Q6 ご希望日
Q7 電磁界シミュレータを利用したいとお考えの課題は何ですか?
 Q7-A1 線路の特性インピーダンス
 Q7-A2 不要放射,EMC,EMI
 Q7-A3 ヴィアホールの等価インダクタンス
 Q7-A4 ボンディングワイヤの等価インダクタンス
 Q7-A5 並行する配線の結合
 Q7-A6 プリント基板の端部に構成する逆Fアンテナ	
 Q7-A7 アンテナの整合回路
 Q7-A8 プリント基板表面に構成するパッチアンテナ(機器組み込みアンテナ/UHF RFID リーダー)
 Q7-A9 薄いフィルム上に構成するフォールテッドダイポールアンテナ(UHF RFID タグ)
 Q7-A10 薄いフィルム上に構成するインダクタの等価回路(HF RFID / 共鳴型ワイヤレス給電)
 Q7-A11 インダクタ同士の結合
 Q7-A12 線形マイクロ波回路
 Q7-A13 その他
Q8 今後電磁界シミュレータを導入なさる計画はありますか? 
 Q8-A1 いいえ
 Q8-A2 役に立つのか調査中
 Q8-A3 評価ライセンス試用中
 Q8-A4 どれがよいか選定中
 Q8-A5 予算検討中

以下のお客様の情報 (ENGLISH)は英文で表記してください.
Q9 first and FAMILY Name
Q10 Company or School
Q11 Address
戻る