差動線路などの4ポートデバイスの差動モードと平衡モードを同時に表現するmixed モード Sパラメータ定義ファイル

トップ/ サポート/ tips/ mixed モード Sパラメータ定義ファイル

"mixed_mode_sparam.sqn" はsonnet professionalでグラフ表示に使用できるパラメータの定義式を含んでいます. この定義式は4ポートデバイスのcommonとdifferentialのそれぞれと互いのモードのSパラメータを定義しています. この定義式をsonnetで利用する方法について説明します.

背景

回路の高速化、エネルギー効率、そしてEMC問題などの事情から、回路のdifferentialとcommonの両方のモードに対する応答を把握しなければならないことが増えてきました.これら二つのモードに対する回路の振る舞いを完全に表現する方法としてmixed モードsパラメータと呼ばれる方法がよく用いられます.ここで説明するmixedモードSパラメータ定義ファイルを使うとSonnetのresponse viewerでmixedモードSパラメータを表示させることができます.

制限

この定義式は4ポートデバイスに対してのみ正しいです. 第一のポート対は1と3、そして第二のポート対は2と4でなくてはなりません. このときポート対1はsonnetのポート1と3を、ポート対2はsonnetのポート2と4を意味することになります.

定義パラメータ

入力側と出力側それぞれにおけるcommonとdifferentialそれぞれのモードを組み合わせで、16のパラメータが次のように定義されます.
SDD11 SDD12 SDD21 SDD22 Differentialモード入力-Differentialモード出力
SDC11 SDC12 SDC21 SDC22 Commonモード入力-Differentialモード出力
SCD11 SCD12 SCD21 SCD22 Differentialモード入力-Commonモード出力
SCC11 SCC12 SCC21 SCC22 Commonモード入力-Commonモード出力

例えば、ポート対1(port1,3)にdifferentialモードで入力したときに、 ポート対2(port2,4)に現れるcommonモード出力は SCD21で、 ポート対1(port1,3)に反射して戻ってくるcommonモード成分は SCD11となります.

このequation fileでは、これらの値をdBで計算しています. もし、位相情報が必要ならば、これらの定義式を修正する必要があります.

例題

例題として、 nobend.son bend.son の二つのモデルを用意してあります. nobend.sonは対称なのでdifferentialモードの入力に対してcommonモードの出力は現れません. bend.sonは非対称なので、入力されたdifferentialモードの一部はcommonモードとなって現れるはずです. differentialモードの入力に対するcommonモードの出力を示すパラメータは 上の表から、SCD21です.

操作

それでは、次にこれらのパラメータをsonnetのresponse viewerでどうやって使うかを説明します.

参考文献