Sonnetを使ったベンチマークの結果報告を募集しています.マシンの選択の資料にお使いください.

トップ/ サポート/ tips/ ベンチマークレース

2008/7/22 募集中止します

2008晩秋、再開予定

第二次 Sonnetベンチマークレース

sonnetを使ってベンチマーク問題を解析し、 解析時間の新記録を報告してくださった方に景品を差し上げます.結果は匿名で発表します.

実施要綱

目的

sonnetを利用なさる方がPCハードウェアを選択なさる場合の資料を作成すること.

景品

Nintendo DS lite図書カード2万円分

参加資格

PCのスペックを正確に把握報告でき、Sonnet Professional PC版のV11を利用できるかた.

応募方法

pcのスペックを把握する

他の人が、あなたのベンチマーク記録を再現できるように ベンチマークを実行するPCのスペックを把握してください.

CPU

近年CPUの製品構成はますます複雑になってきて、呼び名とクロックだけではCPUを特定できなくなってしまいました.少なくとも下表の項目を調べてください.

通称 プロセッサナンバー キャッシュ 動作周波数
(例)Core2 extreme x6800 4MB 2.93GHz
メモリ

メモリの速度( 資料参照)、一枚あたりの容量、全体の容量を調べてください. Professional部門の問題の解析には少なくとも2GBのメモリが実装されている必要があります.

(例) DDR2-533 1GBx4枚

チップセット

チップセットのシリーズ名を調べてください.

(例)intel915

ベンチマーク問題を解析する

問題1 問題2 解析時間の目安
bench_1500mb.son bench_cm800k.son 約2時間

表の二つの問題それぞれについて下記の作業をしてください

  1. 上の表の問題の名前を右クリックして [対象をファイルに保存]を選んでください.
  2. 保存場所を指定して、[保存]ボタンをクリックしてください.
  3. 保存場所にできたアイコンをダブルクリックしてください.
  4. SonnetのXgeomが起動し、 [Sonnet Warning - XG6050 Internal Data Directory Missing] (内部データディレクトリが見つからない)という警告が現れます.
  5. [Close]ボタンで警告を閉じます.
  6. メニューの[Project]-[Analyse]を選びます.
  7. 解析が始まるので、終わるまで待ってください.
  8. xgeomの[File]-[Export]-[Packed Project]を選んでください.
  9. 保存場所を指定して、[OK]ボタンをクリックしてください.
  10. 指定した保存場所にzonファイルができます.

レポートを送る

応募フォームから

を送ってください.

評価方法

まず、pcのスペックが正確に把握されているかを調べます.その上で、下記の方法でベンチマーク結果を調べます.内容や結果の再現性について個々にお問い合わせするかもしれません.

問題1(bench_1500mb.son)のログファイルに記録されている"matrix solve time"と、問題2(bench_cm800k.son)のログファイルに記録されている"matrix fill"の和で評価します.全体の計算時間ではないことに注意してください.

発表

結果は Web上で、 ”千葉県のIさん”のように都道府県とイニシャルのみ解析結果に添えて発表します.

注意


過去のベンチマーク結果