windows vistaにsonnetをインストール/アンインストールする場合の注意.

トップ/ サポート/ TIPS/ Windows vista使用上の注意.

windows vistaにsonnetをインストール/アンインストールする場合に必要な 管理者としての実行についてまとめました.


管理者として実行

Vistaを使う上でXPと大きく違う点は、システムの変更を伴う操作をするときはかならず "管理者として実行"しなくてはならないことです. sonnetのインストールやアンインストール、ライセンスの変更などのためにsonnetタスクバーを起動する場合は 図のようにスタートメニューからsonnetを右クリックして、[管理者として実行]を選んでください. するとたぶんセキュリティに関する警告が現れるので[許可]してください. 単に面倒なだけのように感じますが、これがvistaの操作です.

lmtoolsを管理者として実行

sonnetタスクバーからさらにほかのプログラムを呼び出すときにも、管理者権限が必要なことがあります. Windows XPでは下図のように単に[admin]-[lmtools]を選んでいましたが、Vistaでは それでは不十分な場合があります.

例えば c:\Program Files\sonnet11.56\bin\lmtools.exe を右クリックして やはり管理者として実行を選ばなくてはなりません.

タスクマネージャーを管理者として実行

この面倒な操作は、別段sonnetのプログラムに限ったことではありません. windowsに含まれるタスクマネージャの起動も c:\Windows\System32\taskmgr.exe を右クリックして 管理者として実行を選ばなくてはなりません.

管理者用タスクマネージャ ショートカットの追加

特定のファイルを探して右クリックというのは、とても面倒です. 管理者用のショートカットを作っておけば少し楽になります.

これで、このショートカットから管理者権限でタスクマネージャを開くことができます.